進化しているレジスターについて

便利なレジスター

レジスターはどんどん使いやすくなっています

昔は電卓式のレジスターが一般的でした。物の値段を打ち込み、消費税は後からレジが計算してくれる、という使い方が一般的でした。バーコードが商品に必ず印刷されるようになってから、POSシステムが作られました。POSシステムにより、レジスターに直接値段を打ち込まなくても、バーコードを読み取ることにより、値段が表示、登録され、販売管理もできるようになりました。スキャナーを使うことでバーコードを読み取り、合計金額がレジに表示されるので、お客様が画面に写し出された金額を支払うと、レシートが出てきて商品の金額の確認ができるようになりました。今はセルフレジができ、自分でレジの一連の作業に取り組むことができるようになりました。そのため、レジの係員に頼ることなく、自分で商品を計算し、袋詰めも同時にできるようになりました。

レジスターの進化と現在

レジスターの登場は小売に革命を起こしました。バーコードを読み取るだけで値札を確認せずとも会計を打ち出すことができる上に、お釣りの管理まで出来、レジの業務は飛躍的に効率化しました。それから時は流れ、今はレジスターがさらに進化しています。バーコードの読み取りにくさは長年にわたってレジスターの課題でした。しかし、それも読み取り技術の向上、バーコードの改良によって大幅に改善し店員さんのスムーズなレジ裁きをアシストしています。さらにはiPadを導入するお店もあります。iPadにお店の品物を登録しておくことでワンタッチで打ち込むことができます。これならバーコードが不要なので、包装されていない食べ物などにはぴったりです。また、iPadでは画像付きでデータを管理できるので分かりやすく、そこからさらに周辺機器を充実させることも可能になります。

レジスターの種類について

レジスターは、従来型のキャッシュタイプと、ネットワーク機能をもったPOSタイプの2つに大きく分けることができます。「キャッシュタイプ」は、取引金額の計算や販売商品の記録を主な目的とするもので、個人経営の飲食店や小売店などでよく利用されています。またキャッシュタイプには、計算・記録機能以外にも、レシート発行機能をはじめ、1日全体と1件ごとの集計が可能な複数商品登録機能や、グループごとの集計ができる部門管理機能、そして商品ごとの集計が可能な単品管理機能などがあります。一方の「POSタイプ」は、キャッシュタイプの機能に加えて、販売した時点での売り上げ情報などをネットワークによって管理・分析する機能を備えているという特徴を持っています。POSタイプは、主にコンビニやファミレスといったチェーン店で活用されています。

長年レジスター販売に携わってきた実績を元にお客様の要望にあった商品を提案いたします。 大阪難波千日前道具屋筋商店街内に店舗があります。 POSレジスターの購入をご検討の方に限りの無料出張デモにお伺いいたします。 オーダー伝票の使い勝手でお困りではないですか?300種類を超える当店ならお客様にあった伝票を探せます。 一括大量仕入で納得の価格を提示させていただきます。 みつやのレジスターは種類豊富

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

WordPress theme created by ThemeMotive.